私は1年ほどカンボジアで教育に関連したボランティアをしていました。

多くの人が知っているようにカンボジアは虐殺によって多くの知識人が殺されてしまったため、いまだに教育を受けていない人や字が読めない人も多いのです。そしてカンボジアに来て分かったのは教育を受けていないと、基本的なことを行うのも難しいのです。例えば計画を立てることや、先を考えて行動することなどです。なので、貧しい人は貧しいままですし、境遇は変わらないのが実情です。

そうした点を見て、教育関係のボランティアにつきました。言語を習得する必要がありましたが、言語はボランティアをしつつ子供たちから学ぶ面も多かったです。

特に農村地帯の子供たちは余計な娯楽やテレビなども限られているので、純粋な子供たちと話し合うことは本当に楽しく温かな思いになりました。日本の話や私が体験してきたことなどを話すと、目を輝かせて話を聞いています。鬼ごっこやかんけりなど、簡単にできる日本の遊びを教えて一緒に行うと大喜びします。

大した技術が無い私に教えられることは基礎的なことばかりですが、さらに多くの技術を持った日本人がボランティアとしてこの子供たちを教えられることができるならば、きっと良い国へと進歩を遂げてゆくと思います。

教育関係だけでなくカンボジアでは多くの分野での助けが必要とされています。医療関係の現場は悲惨な状況です。建設関連でもアバウトな作り方ですので、大きなビルなどは外国資本に頼っているのが現状です。電気も停電が多くあり電力不足は毎日のことです。多くの設備は壊れていたり修理が必要でも行えていないものも多くあります。首都のプノンペンを離れるとその傾向は顕著です。

カンボジアでのボランティアには、多くの犠牲が伴うのは事実です。快適な生活を後にしないならば続けることはできません。しかし、この国の状況を自分の目で見るときっと動かされるものがあると思います。ぜひ一度カンボジアをご覧になってみてください。私もまたお金を貯めてカンボジアに行きたいと思っています。